釉掛け

丸二日間、朝から晩まで釉掛け作業。
やっと終わりました~!
今回は5種類の釉薬を使いました。
窯の内部で温度差がでます。最下部は温度があがりやすく設計されているため温度が高めでも大丈夫な作品を入れていきます。
上蓋式の窯なので、一番下の段の窯詰めは頭に血が上ります。しかもごはん食べた直後だとかなりきついです。
どんどん詰めていって、最上部にはトルコ釉の作品をいれます。トルコ釉は流れやすい釉薬ですが、ある程度厚みがないときれいに発色しません。ですので釉薬の厚みにはかなり神経を使います。
こんなにリスクの高い釉薬ですが、やはり顔料の色ではだせない銅の美しさがあるのです。

油亀さんでの個展は3月27日から始まります。
DMは結構いい感じらしいですよ☆もうすぐ出来上がるそうです。
楽しみです!
[PR]
by w-youko | 2010-03-08 00:20 | 作品づくりのこと
<< 窯焚き こっそりと >>