初 日本刀鑑賞

初めて日本刀をこの手に持って鑑賞した日。
そもそも人を殺めるためのもの。
一礼。手にとって眺めてみる。刀は研ぎ師によって磨き込まれ、深い霧のような美しい刀文を見せている。しばし鑑賞。一礼。

美しさっていろんなところに宿っている。
このような繊細な事象を愛でる日本人的感覚というものをとても愛おしく感じたのでした。
刀鍛冶・杉田昭二さんの日本刀鍛錬所での出来事です。
[PR]
by w-youko | 2010-04-12 01:48 | おでかけ
<< 百日祝い 「薫みつ世界」無事に終了いたし... >>