陶説2月号に「青と白の陶展」が紹介されました

d0117185_232321.gif

日本陶磁協会が発行している会員誌「陶説」で「青と白の陶展」が紹介されました。
やきもの総合専門誌である「陶説」に私の活動を紹介していただけたこと、大変嬉しく思います。個人的な振り返りだけでなく、専門家の目を通して見える私の仕事というものを感じることができ、私の制作活動のなかで「青と白の陶展」という展覧会の位置づけがより印象深いものとなった瞬間でした。
時とともにテーマの域がミクロとマクロを行ったり来たりしながら、そして反すうしながら消化する方法で制作しています。なぜそのような方法をとっているのか、それらを振り返るよい機会となりました。
[PR]
by w-youko | 2011-02-14 23:20 | 作品づくりのこと
<< 第21回日本陶芸展に入選しました! 炬火受皿 >>