風花山本オープニングイベント 「フーガな音楽祭」


d0117185_11185225.jpg
我が家を建てていただいた「沖田 」の新しいモデルハウス「すだち」。
「すだち」を含めた集落「風花山本」というプロジェクトが広島市山本にて動き出しています。
昨日はオープニングイベントとして「フーガな音楽会」が開催されました。(画像はリハーサルの様子です。)
上野眞樹さんのヴァイオリンと吉野妙さんのピアノの演奏会、とっても素敵なひとときでした。
バッハの「フーガ」から始まり、
パッヘルベルの「カノン」
風花山本では区画ごとに鳥の名前がつけられていることから、鳥にまつわる曲をということで、
ヴィヴァルディの四季の中から「春」(鳥のさえずりが随所に散りばめられています)
ラヴェルの「亡き女王のためのパヴァーヌ」(孔雀がモチーフ)
葉加瀬太郎の「エトピリカ」(エトピリカとは海鳥の一種)
などなど。
沖田の素敵なモデルハウスでの演奏会。
空から音が降ってくるようで、美しい音色を身体に染み込ませるような体験でした。


[PR]
by w-youko | 2014-10-26 11:57 | おでかけ
<< 団子ちゃんたちのデビュー 団子のその後 >>