「神勝寺 禅と庭のミュージアム」へ

少し前のことになりますが、広島県福山市にある「神勝寺 禅と庭のミュージアム」へ行ってきました。
現代美術家・名和晃平さんとSANDWICHの設計によるパビリオン「洸庭」を見るのが目的だったのですが、足立美術館 を手掛けた中根金作さんによる庭の美しさも素晴らしく(ちょうど紅葉の時期だったので特に美しい季節)、季節をかえて訪れたいと思う場所でした。
その他、白隠のコレクションや利休の茶室を再現してあったりと、見ごたえのあるものが多く、建築家の友達を連れていく楽しみができました。
「洸庭」は巨大な船のような建築物で、こけら葺きの繊細さが生み出す陰影がとても美しいのでした。
d0117185_9493226.jpg

d0117185_9495862.jpg

d0117185_948541.jpg

d0117185_9504053.jpg

建築家・建築史家の藤森照信さんによる建築
d0117185_947253.jpg

[PR]
by w-youko | 2016-12-13 10:11 | おでかけ
<< 「2016 酒器展」のお知らせ 現在形の陶芸 萩大賞展Ⅳ  >>