tazz.

先日、萩にあるアートショップ『tazz.』のオーナーさんが来られ、
いろいろお話させていただきました。
わざわざ足を運んでくださって、ほんとにありがたいと思います。
オーナーさん自身も絵を描かれるとのことから作り手側からの視点でも作品を見てもらえたうえ、作品を本当に気に入ってもらえたようで嬉しく思います。
通常、私にとって作品をつくるということは、『排泄』のようなもので、
というのも制作は、自己を形成する中心的な思想に外部からの刺激を受けることをきっかけに始まり、その時々の『外部刺激』を消化する過程で選択を繰り返し作品が完成するからなのですが・・・。
そんな感じで自己完結してしまうもので、作品を気に入ってもらえたり共感してもらえることが、作家としての喜びのひとつでもあるなぁと再認識した一日でした。当り前のことを新鮮に感じることができた、作品を介して人とお会いするとそのような嬉しい体験をすることができます。
感謝です☆

『tazz.』さんでは私の作品も置いていただいてますので、お近くの際はお立ち寄りください☆
[PR]
by w-youko | 2008-02-13 01:01 | お知らせ
<< エリザベスカラー 長いもの >>