実験??

土という素材を使って作品をつくっていると、多くの驚きや発見があります。
ひとことで『土』と言っても、泥しょうの状態から干からびたカチカチの状態まで、さらにそれを砕いたサラサラの粉末状態まで。何かに浸みこむこともできるし、何かを写し取ることもできる。
やわらかくもあり、かたくもある。
どの段階どの時点で自分なりの意匠を組み込んでいくか・・・瞬間的な選択が無限にあります。
それだけ『土』は表情豊かで、しかもがんこな素材です。元の状態に戻ろうとします。
制作を始めるや否や、土はどんどん水分を失っていきます。
完全に乾いてしまうまでの状態の変化の中で、新しい表情を見つけると・・・
ふわっ!テンションがあがります。
こんな調子で夢中になってしまうのです。
そしてこんな感じでまた表現のストックができるのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-02-26 00:48 | 作品づくりのこと
<< 完成のイメージ 庭 >>