フルート

フルーティストの友人のコンサートに行ってきました。
4人のフルーティストの演奏で、ソロもありデュエットもあり、そして4本のフルートでの演奏もありで、フルートという楽器の表現の幅を改めて感じた時間でした。
しっかりとした基礎なくては表現というものが成り立たないのは、どの分野にも言えることですが、個々の感性が混ざり合うことでより複雑で高度なものとなり、聴きごたえのあるコンサートでした。
ソロも素敵でしたが、特にデュエットがお気に入りです。もうちょっと聴いていたいなぁと思うほど素敵な演奏でした☆
[PR]
by w-youko | 2008-05-18 00:42 | おでかけ
<< MILANO SALONE 帽子かぶっちゃいましたか >>