カテゴリ:作品づくりのこと( 196 )

形が生まれるには

急に頭の中に形が浮かぶ瞬間がある。
厳密にいえば、出来上がった作品の映像が見える。
それはひらめきという類のものなのか?
日々感じていることが、無意識の部分で構築されて、突然目の前に現れているのではないか・・・と。自己解釈。
それらをキャッチして3次元の世界に存在させる。
そのためには、頭の中の形をしっかり観察する。
頭の中で、くるくる多角度から眺めてみる。近寄ってみたり、離れてみたり。
そして、紙に描いてみる。何度も線をひく。
視覚で確認してみる・・・・。

それを土でつくるとなると・・・なかなか難しい。だから面白いんだろうなあ。
[PR]
by w-youko | 2008-11-19 01:33 | 作品づくりのこと

グループ展に向けて

d0117185_0122024.jpg

年末年始に2つのグループ展を予定しています。
山口県と岡山県で。
その展覧会に向けて現在制作中です。
展覧会の詳細はまた後日お知らせいたします!
初岡山県!出身地が岡山県なので、感慨深いものがありますねえ。

d0117185_0251138.jpg

お世話になっている萩のアートショップtazz.のオーナーの田村覚志さんは絵描きさんでもあります。
現在、長門市仙崎にて個展【SEN-線描画 展-】が開催中ですよ。
素敵な世界観をお持ちです☆
[PR]
by w-youko | 2008-11-09 00:30 | 作品づくりのこと

BLUE and WHITE

d0117185_2056414.jpg

[PR]
by w-youko | 2008-10-28 20:58 | 作品づくりのこと

日の目をみぬまま

d0117185_2135356.jpg

たくさんのパーツを貼り付けているため、焼成のリスクも多い。
高温をくぐりぬけた後にしか浮かび出てこない傷がある。
[PR]
by w-youko | 2008-10-21 21:13 | 作品づくりのこと

本焼き終了!

d0117185_2243854.jpg

本焼成が無事終了!最終的な温度は1230度まであげます。
窯出しが待ち遠しいです。ちゃんと焼けていますように。
次は金彩の作業・・・。
25・26日の山口アーツ&クラフツに向けて、最後の仕上げです。
[PR]
by w-youko | 2008-10-13 22:08 | 作品づくりのこと

少しずつ

d0117185_2303858.jpg

内包したエネルギーが一方向へ伸びていくカタチ・・・・の展開
[PR]
by w-youko | 2008-10-07 23:12 | 作品づくりのこと

レインボーわんこ

d0117185_0203143.jpg

7色の帽子。
このあと、このわんこ達はぐいのみを背中にしょったのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-09-28 00:23 | 作品づくりのこと

光の方へ

d0117185_2329156.jpg

まだ乾いていない状態。
この状態の質感も好きだなぁ。
[PR]
by w-youko | 2008-09-26 23:32 | 作品づくりのこと

inside/outside

作品を作っている過程でよく内部を覗く。
『中はどうなっているんだろ』
外側とは違う世界があるに違いない。
想いとかその時の空気とかを内包しているから。

そっと直径3センチ程度の穴を覗き込む。
d0117185_2054373.jpg

光の穴が見える。
d0117185_2055259.jpg

!!!
人間の体内みたいだ。
d0117185_20551744.jpg

なんだか妙に納得。
[PR]
by w-youko | 2008-09-15 21:07 | 作品づくりのこと

素焼の色

d0117185_0472387.jpg

6月からの展覧会の作品の素焼が終わり、現在釉掛けの作業に取りかかっています。
釉掛けを待つ作品たち。
その色はとても柔らかいスキントーンです。
学生のころからこの状態の色が大好きで、
きっと、そのあとのカチコチの状態を知っているからで。
本焼成が終わった土は、なんだかカチコチで可愛げがないなぁ・・・と、
結構、生焼けって感じが好きだったりするのです。
これも土のもつ表情のひとつ。

あ、昔、京都の法然院で栗田宏一さんが、土を使ったインスタレーション『土の散華』をされてたことを思い出しました。法然院の本堂でなされる散華とアーティストについて。

土を表現の手段として使う者として、『何をもって陶芸なのか』自分自身に問い直すのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-05-25 01:18 | 作品づくりのこと