カテゴリ:作品づくりのこと( 190 )

レインボーわんこ

d0117185_0203143.jpg

7色の帽子。
このあと、このわんこ達はぐいのみを背中にしょったのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-09-28 00:23 | 作品づくりのこと

光の方へ

d0117185_2329156.jpg

まだ乾いていない状態。
この状態の質感も好きだなぁ。
[PR]
by w-youko | 2008-09-26 23:32 | 作品づくりのこと

inside/outside

作品を作っている過程でよく内部を覗く。
『中はどうなっているんだろ』
外側とは違う世界があるに違いない。
想いとかその時の空気とかを内包しているから。

そっと直径3センチ程度の穴を覗き込む。
d0117185_2054373.jpg

光の穴が見える。
d0117185_2055259.jpg

!!!
人間の体内みたいだ。
d0117185_20551744.jpg

なんだか妙に納得。
[PR]
by w-youko | 2008-09-15 21:07 | 作品づくりのこと

素焼の色

d0117185_0472387.jpg

6月からの展覧会の作品の素焼が終わり、現在釉掛けの作業に取りかかっています。
釉掛けを待つ作品たち。
その色はとても柔らかいスキントーンです。
学生のころからこの状態の色が大好きで、
きっと、そのあとのカチコチの状態を知っているからで。
本焼成が終わった土は、なんだかカチコチで可愛げがないなぁ・・・と、
結構、生焼けって感じが好きだったりするのです。
これも土のもつ表情のひとつ。

あ、昔、京都の法然院で栗田宏一さんが、土を使ったインスタレーション『土の散華』をされてたことを思い出しました。法然院の本堂でなされる散華とアーティストについて。

土を表現の手段として使う者として、『何をもって陶芸なのか』自分自身に問い直すのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-05-25 01:18 | 作品づくりのこと

帽子かぶっちゃいましたか

d0117185_2357455.jpg

ぐいのみをしょったわんこ・帽子バージョンを制作しています。
ちなみにピンクのベレー帽をかぶっています。
こんなかんじかな?
[PR]
by w-youko | 2008-05-13 00:00 | 作品づくりのこと

次の作品展へ向けて

d0117185_1104896.jpg

あらかた成形の終わった作品。これから、まだまだ変化をとげます☆

6月に萩市にあるアートショップtazz.での作品展を予定しています☆すでに制作は始まっていますが、引き続きGWは制作ざんまいといったところでしょうか・・・。
[PR]
by w-youko | 2008-04-24 01:19 | 作品づくりのこと

釉薬作り

d0117185_0392193.jpg

私のよく使う釉薬に銅を添加しているものが数種類あります。
今回は『エジプト釉』と呼んでいるものを作りました。
発色剤として酸化銅を使います。
きれいな色が出ますように・・・・と願いながら、
右手左手交互に使ってすり鉢でゴリゴリとすり続けること20分。
別に調合したベースとなる釉薬に投入!
灰色の釉薬が焼成を経てきれいなエジプトブルーになります。
[PR]
by w-youko | 2008-03-19 00:51 | 作品づくりのこと

金彩

d0117185_0275763.jpg

金彩を施して焼く前の作品です。
茶色の部分が焼成後金色になります。
金を含んだ液状のもので、失敗ができません。
万が一失敗したらきちんとふき取らなければ紫色に発色してしまいます。
基本的にピンクや紫は金で発色させているとのことですが、
そのことがよくわかります。
しかし、この金液のにおいがまたすごい・・・。
長時間絵付けをしていたら、あたまがアホになってしまいそうです。

焼きあがりが楽しみです☆
[PR]
by w-youko | 2008-03-06 00:37 | 作品づくりのこと

完成のイメージ

たとえば一本のラインを引く。たったそれだけのことで全てのバランスが決まるという瞬間。
たとえば釉がけをする。後戻りはできない作業。
一発勝負の作業。その動作には迷いがあってはならないのです。
そこへ臨むには何度も完成までの動作をイメージして集中力を高めていきます。
しかし、
違和感があったり心がしっくりこないときは無理をせず・・・・
そんな作業は今日は無理そうです。
また明日やろう。
[PR]
by w-youko | 2008-02-28 00:47 | 作品づくりのこと

実験??

土という素材を使って作品をつくっていると、多くの驚きや発見があります。
ひとことで『土』と言っても、泥しょうの状態から干からびたカチカチの状態まで、さらにそれを砕いたサラサラの粉末状態まで。何かに浸みこむこともできるし、何かを写し取ることもできる。
やわらかくもあり、かたくもある。
どの段階どの時点で自分なりの意匠を組み込んでいくか・・・瞬間的な選択が無限にあります。
それだけ『土』は表情豊かで、しかもがんこな素材です。元の状態に戻ろうとします。
制作を始めるや否や、土はどんどん水分を失っていきます。
完全に乾いてしまうまでの状態の変化の中で、新しい表情を見つけると・・・
ふわっ!テンションがあがります。
こんな調子で夢中になってしまうのです。
そしてこんな感じでまた表現のストックができるのでした。
[PR]
by w-youko | 2008-02-26 00:48 | 作品づくりのこと