カテゴリ:ふと思うこと( 44 )

いっしゅうかん

げつよ~びはほくとのけんでぇ~
かよお~びはふじこふじおわいど~
すいよ~びはどらごんぼおるぅ~
もくよ~びはなんにもな~い!
とぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃりゃ~
とぅりゃとぅりゃとぅりゃとぅりゃ~りゃ~


子供のころ、きょうだい3人でよく歌っていた替え歌です。
[PR]
by w-youko | 2010-04-14 01:45 | ふと思うこと

こんなにのんびりとした山口にいて、世界中どこにでも行ける気がするのです。
魂が解放されているような。
なんにでもなれる気がするのです。
心の自由を感じます。
ふわふわと境界線のない世界を漂っていけるような。
ワクワクしているのでしょう。
[PR]
by w-youko | 2010-03-15 01:58 | ふと思うこと

季節はずれの雪

久しぶりの大雪。白い世界を目の当たりにしたのはいつぶりでしょうか。
困った困ったと言いつつも、なぜかウキウキしてしまうのは私だけでしょうか。
雪だるまつくりたいな~。かまくらも作れるかも~。なんて想像してみたけど、あまりの寒さに想像で終わりました。
こんな大雪の日に、嬉しいことが!
知人たちが、受賞のお祝い会を開いてくれました。
美味しい食事とお酒☆しあわせ者だな~。
心から感謝です。
大雪の日にお祝い。なかなかないですよ。忘れられない思い出になります。
ありがとう☆
[PR]
by w-youko | 2010-03-11 01:13 | ふと思うこと

ベテルギウス

冬の夜空はキーンと澄んで、星座はもっとも高貴な光を放っている。
オリオン座が堂々と輝いているのを眺めながら、やはり星であっても永遠ではないのだとしみじみ思う。
先日の新聞に、オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されているとの記事があった。爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくないとのこと。
超新星爆発を起こすと、満月ほどの大きさいになりブラックホールなどになるらしい。
そんなオリオン座のことを考えていたら、切なくなってくる。
星の死ことを考えて切なくなるのは人間だけなのであれば・・・宇宙において人間とはなんと愛らしい存在なのであろうか。
[PR]
by w-youko | 2010-01-14 01:22 | ふと思うこと

あけましておめでとうございます

あっというまに2009年が終わり、2010年が始まっております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月の中旬から下旬にかけて、旅をしてきました。
台湾とスペイン。
まだまだ頭の中で整理ができていなくて、ぼんやりしてる状況ですが、
そのうち作品に何かが現れてくるのではないでしょうか。

また後日、旅のお話を・・・・。

31日には、姪っ子が誕生!ついに伯母デビューです☆
やっぱりかわいい!
伯母馬鹿ぶりを発揮です。

年末から山口市のなごみスタイルさんで
「 お酒を楽しむうつわ展 vol.2 」開催中です!
12日までやってますので、お近くの方は是非!
[PR]
by w-youko | 2010-01-06 00:32 | ふと思うこと

文通

久しぶりに会った友達が、『文通をやっている』と言っていた。
文通・・・なつかしい響き。
「メールなんかよりスロウな感じで、なにかいいよね・・・・。」
「うん、いいねぇ。」

素敵なレターセットを購入してみた。
懐かしい人に手紙でも書いてみようかな・・・。
[PR]
by w-youko | 2009-09-28 00:14 | ふと思うこと

ワークショップ無事終了!

『土火っと遊び隊2009』
今回のテーマは「小さないきものを作ろう」
午前中は6人、午後8人の子供たちの力作がたくさん生まれました~。
みんな集中力がすごくて、2時間みっちり制作。
土のかたまりから形をひねり出すことはそう簡単ではありませんが、苦戦しながらも
自分たちの好きな動物を作り出していました。
その想像力には目をみはるものがありますね・・・。

みなさん、焼き上がりを楽しみにしててくださいね~★
[PR]
by w-youko | 2009-09-24 00:19 | ふと思うこと

偶然…必然・・・

9月12日、岡山のギャラリー『カフェドグラス』に在廊していた時に素敵な女性にお会いしました。
たまたま隣のカフェにお食事に来られ、その後にギャラリーを覗かれたそうです。
その方は台湾の現代美術家 劉生容さんの奥様の劉香閣さんで、
とても楽しみながら作品をみておられ、私が作者だと分かるといろいろとお話してくださいました。
故宮博物館の話や草間弥生さんの話もされて興味深くお話を聞かせていただきました。(ちょうどそのころ私の家族は直島を旅行していて、草間さんのカボチャのオブジェを写メで送ってくれました。あまりにタイムリーでびっくりしたことの一つです。)
d0117185_2303873.jpg

その後私の連絡先をお知らせしてお別れしたのでした・・・

9月18日に劉さんからお手紙が届きました!そこへは私の作品を気に入ってくださったことや劉生容さんの記念館が岡山にあること、来月には台湾へ帰られること、それまでにもう一度お会いできたら・・・ということが書かれていました。
もう一度岡山のギャラリーへ顔をだそうとは思っていたのですが、日程をいつにしようかと思っていた矢先、友人から岡山行きのお誘いを受けました。即決したことは言うまでもありません。19日に岡山へ行くことを決め、
劉さんへその旨お伝えし、ギャラリーでお会いすることとなりました。

19日はシルバーウィークの初日、車で行くことを決めていたので渋滞を避けるべく早朝に出発。渋滞にはつかまらずギャラリーに着いたのはお昼前でした。
劉さんは息子さんご夫婦とご一緒に来てくださってゆっくりと作品を観ていかれました。
その後、劉生容さんの記念館にご招待していただくこととなり、友人と大喜び!

劉生容記念館は、ご子息の三船文彰さんが設立されたもので、コンクリートの独創的な建築は構想に4年をついやしたそうです。三船さんは歯科医でありチェリストでもいらっしゃいます。
建物の中心はホールになっており、そこには2台のグランドピアノ。一台は1926年スタインウェイ。もう一台はロベルト・シューマンの妻クララ・シューマンの愛用した1877年製 グロトリアン・スタインヴェッグ。
3方向の壁には劉生容さんの作品。
小さい宇宙が建物の中に広がっているような空間でした。
三船さんのお話をゆっくりと聞かせていただき、芸術の力、純粋なエネルギーが人を呼び寄せつながっていくことの素晴らしさを身をもって体験させていただきました。

まず、カフェドグラスのオーナーさんが私の個展を企画してくださったこと、そして劉香閣さんがたまたま日本に来ておられ私の在廊中にギャラリーへ立ち寄られたことなど、数々の偶然が重なって今回の出来事がありました。
このようなことは、人生にそう何度も起こることではありません。
ああそうか、ギャラリーというものが社会のなかでどのような役割を果たすのか・・・こういうことだったんだな。
偶然ではなく必然なのかもしれません。
純粋な力によって人と人をつなぎ合わせる場所。そして新しいエネルギーを生み出す場所。
改めて感じた瞬間でした。

以前から故宮博物館を訪れたいと思っており、最近になり現実味を帯びてきていたのですが、ここにきてもう行くしかない!という具合です。
台湾に呼ばれているとしか考えられません。
何かが待っているのかもしれませんね。
[PR]
by w-youko | 2009-09-20 23:47 | ふと思うこと

満ち満ちる

うちの近所の椹野川。
その河川敷沿いの道を通るのが大好きだ。
河川敷の緑、中州の緑、その向こうの山々の緑、そして川面に映る緑。
満ち満ちていて穏やかな川の流れ。
この満ち満ちている感じ。これこそがこの風景のもっとも重要な部分。
通るたび小さな開放感。
このあたりにアトリエを構えることができたらな~。
[PR]
by w-youko | 2009-09-11 01:13 | ふと思うこと

ゾロ目

d0117185_1141126.jpg

先日、ゾロ目になりました☆
d0117185_1145677.jpg

うかれている場合じゃないよ!
[PR]
by w-youko | 2009-08-12 01:19 | ふと思うこと